男はつらいよでキーワード「 男はつらいよ 渥美清 藤村志保 マドンナ 」が指定されているページ

藤村 志保 (ふじむら しほ)  第20作 寅次郎頑張れ!

中村雅俊のお姉さんで長崎は平戸でお土産屋を営む、島田藤子役で登場。 この方もまた日本女性美の典型の様な容姿をもった大女優さんですね。 第一作の光本幸子、第三作の新珠三千代、第六作の若尾文子と、どうもイメージが混同してしまうのですが、卵型の顔立ち、切れ長の涼しい目、和服が似合う柳腰・・・・と。 この純日本風一派のマドンナ勢に対して、木の実ナナ、太地喜和子、浅丘ルリ子の濃い顔系のマドンナ。 どちらも寅さんを合うのが不思議ですねぇ。   藤村 志保(ふじむら しほ、1939年1月3日 - 神奈川県川崎市出身) 静永操(しずなが みさお)。旧姓、薄(すすき)。芸名は、デビュー作「破戒」の役名「志保」とその作品の原作者島崎藤村に由来している。   経歴フェリス女学院卒業。1961年大映演技研究所に入所。1962年に「破戒」に出演し、各種新人賞を受賞。大映のスター女優として主に時代劇で活躍。1965年のNHK大河ドラマ「太閤記」のねね役を好演し人気女優に。その後も、各種ドラマ・映画・舞台など幅広く活躍。気品溢れる佇まいと高い演技力は専門家からも評価を得ており、『風林火山』での演技が認められ第59回NHK放送文化賞を受賞した。 また、1985年には臓器移植を取材して『脳死をこえて』を書き上げ第6回読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞を受賞、同著はテレビドラマ化もされている。出演作品 テレビドラマ太閤記(1965年、NHK大河ドラマ) ねね役 ザ・ガードマン(1965年、大映テレビ室、TBS)第7話「狂った獣」、第16話「ガードマンを罠にかけろ」 源氏物語(1965年- 1966年、MBS)夕顔役 花ひらくとき(1966年、NHK劇場) 三田村慶子(異母姉妹の姉)役 千姫(1966年、MBS)千姫役 三姉妹(1967年、NHK大河ドラマ) おるい役 暢気眼鏡(1967年、TBS)芳江役 竜馬がゆく(1968年、NHK大河ドラマ) 天と地と(1969年、NHK大河ドラマ) 藤紫役 木枯し紋次郎 第1シリーズ 第4話「女人講の闇を裂く」(1972年、CX) 赤ひげ 第46話「駆込み訴え」(1973年、NHK) 宗方姉妹(1973年、NHK銀河テレビ小説)  華麗なる一族(1974年 - 1975年、MBS) 三雲志保役 おはようさん(1975年 - 1976年、NHK連続テレビ小説)あかり役...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「男はつらいよ 渥美清 藤村志保 マドンナ」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得




延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿