男はつらいよでキーワード「 男はつらいよ 大原麗子 マドンナ 噂の寅次郎 」が指定されているページ

大原麗子(おおはられいこ) 第22作 噂の寅次郎 第34作 寅次郎真実一路

「噂の寅次郎」では、職業安定所の紹介でとらやで働き始めた「早苗」役。早苗の従兄弟で高校教師の添田(室田日出男)が早苗に想いを寄せる。 早苗のために貯金していた添田は、寅さんに貯金通帳と手紙を預けて去ろうとするが、添田の気持ちにようやく気がついた早苗は寅さんの一言「今なら間に合う。後を追え!」に押されて小樽に旅立つ。 当時32歳の大原麗子。 とらやでの女店員姿に惚れ惚れしたのは寅さんだけではないでしょう。 「寅次郎真実一路」では、失踪した夫を鹿児島に探す「富永ふじ子」役で当時38歳。 大人の女性。 ちょっと勝気で、実は情にもろい。影に回って男につくす。そんなキャラの女優さんでした。団塊の世代には同世代の親しみもあったでしょう。 そんな彼女のキャラクターをものの見事に引き出したのが、サントリーレッドのCM。 秒単位に作品にドラマがあって、当時は本当に魅せられました。 「好感度No1女優」の名を欲しいままにしていた絶頂期の出演でした。 一昨年、他界のニュースは衝撃であり、またひとり日本の女優さんがいなくなってしまったことを凄く寂しく思いました。     以下、Wikipedia から。 大原 麗子(おおはら れいこ)1946年11月13日 - 2009年8月3日 東京都文京区出身で、実家は老舗の和菓子屋。北豊島高等学校卒業。 1964年(昭和39年)、ドラマ『幸福試験』(NHK)への出演でデビューし、翌年、東映に入社した。 佐久間良子主演の『孤独の賭け』で初めて本格的な映画出演をし、以後、高倉健の『網走番外地』シリーズや、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ数々映画とテレビドラマに主演。 テレビCMへの出演も多く、とりわけ1977年(昭和52年)から1987年(昭和62年)まで出演していた、サントリーレッドのCMは、「すこし愛して、なが~く愛して」のキャッチコピーとともによく知られた。また、歌手として数枚のレコードをリリースしている。 出演作品~ 映画 ~・孤独の賭け(1965年、東映) - 乾美香・可愛いあの娘(1965年、東映) - ゆみ・いろ(1965年、東映) - はつえ・ダニ(1965年、東映) - 幸子・かも(1965年、東映) - 村井ゆき・地獄の波止場(1965年、東映) - ユキ・夜の悪女(1965年、東映) - ひさ子・網走番外地シリーズ ・網走番外地 北海篇(1965年、東映)[9] -...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「男はつらいよ 大原麗子 マドンナ 噂の寅次郎」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得




延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿