男はつらいよでキーワード「 渥美清 香川京子 男はつらいよ マドンナ 私の履歴書 」が指定されているページ

香川京子(かがわ きょうこ)  第24作 寅次郎春の夢

第24作と言えば、後から考えれば全48作の丁度折り返しになる作品。 満男が通う英語塾の先生・めぐみ(林寛子)の母親で翻訳家、高井圭子として登場。  満男が寅さんのことを英語でタイガーというのに思わず笑います。 例によって熱を上げ、改築工事に日参する寅さん。 最後は実らぬ恋に傷心し旅にでるというお決まりの展開となります。 先月(2009年3月)だったと記憶していますが、日経新聞の「私の履歴書」にも連載があり、興味深い経歴を披露しています。 そう、黒澤映画に登場する上品な奥様なんですよねぇ。 一旦は主婦業に専念し、アメリカ生活を経験し、映画界にカムバックした経緯が実に面白いです。 第24作の中でみせるアメリカ人のセールスマン、マイケルとの英語会話(いかにも日本人!)も無難にこなしています。 ------------------------------------------------------------------------------------------  香川 京子(かがわ きょうこ 1931年12月5日 茨城県行方郡麻生町出身)本名、牧野香子東京都立第十高等学校卒業。   来歴 高校卒業後の1949年東京新聞主催の「ニューフェイス・ノミネーション」に合格、新東宝映画に入社する。1950年、大日方傳監督の『窓から飛び出せ』でデビューする。 芸名の香川京子は映画会社で用意されていたものが、しっくり来ず、家族と香川自身が考えたもの。本名の"香"と言う文字はどうしても用いたく、また本名の"きょうこ"という音も用いられるこの芸名にしたと言う。 日本の大手映画会社間の五社協定(専属契約)がある時代に早くからフリーになれたおかげで、各映画会社の映画黄金期の多くの巨匠たちの作品に出演するという幸運に恵まれている。 この多くの巨匠の様々な役に自身がキャスティングされた事について、本人は個性のない普通の雰囲気が使いやすかったのだと思うと、謙遜して答えている。 成瀬巳喜男監督の作品に次々に出演し、さわやかな演技で人気女優となる。また、溝口健二監督の『近松物語』で主役を演じ、その卓越した演技力で賞賛を浴びた。黒澤明監督の作品にも多く出演した。特に黒澤作品に出演すると、看板役者であった三船敏郎の恋人または妻役を演じる事が多かった。 1965年の『赤ひげ』出演以降1980年代いっぱいの間、全くのブランクがあったり出演作品が少いのは、結婚・出産・育児そして夫の海外赴任への同行で女優業を全て休止していた期間があったためで、ニューヨーク在住時の1977年にはニューヨーク大停電を経験している。  主な出演  映画 ★印は黒澤明監督作品。 『窓から飛び出せ』(1950年) 『細雪』(1950年) 『東京のヒロイン』(1950年) 『高原の駅よさようなら』(1951年) 『上海帰りのリル』(1952年) 『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』(1952年) 『おかあさん』(1952年) 『モンテンルパの夜は更けて』(1952年) 『稲妻』(1952年) 『ひめゆりの塔』(1953年) 『東京物語』(1953年) - 平山京子役 『恋文』(1953年) 『叛乱』(1954年) 『近松物語』(1954年)...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「渥美清 香川京子 男はつらいよ マドンナ 私の履歴書」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得




延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿