男はつらいよでキーワード「 渥美清 木の実ナナ マドンナ 男はつらいよ 松竹歌劇団 」が指定されているページ

木の実ナナ (きのみ なな) 第21作 寅次郎わが道をいく

SKD(松竹歌劇団)で活躍するダンサー、奈々子。 結婚をとるかダンサーとしての道を貫くかの悩ましい立場が寅さんとの距離を急接近させるという筋書き。 芸の道に生きてきた誇りと女性としての幸せを追及する葛藤に悩む姿を好演しています。 寅さんを部屋に引き入れ酒を飲み、今夜は帰らないでと寅さんを引きとめ、忘れられない彼のことを思って涙して・・、というベタな展開ですが、これがハマるんだなぁ~。 ちょっと浮世離れしたショー芸人の世界を漂わせてくれた、マドンナのひとりですね。 ラストステージで歌うナンバーは、彼女のために書き下ろされたオリジナルだそうです。   木の実 ナナ(きのみ ナナ 1946年7月11日 - 東京都墨田区向島出身) 本名は池田 鞠子(いけだ まりこ) 経歴 父はトランペッター、母は踊り子。父が19歳、母が20歳の時に生まれた。身体が弱く、3歳まで歩けなかった、と本人が語っている。。 芸名は、「着の身着のままで(芸能界に)行って来い!」ということから木の実ナナと名づけられた。 音楽番組『ホイホイ・ミュージック・スクール』(1962年 日本テレビ系)でデビュー。当時、この番組のイメージにより「ホイホイ娘」と呼ばれていた。 1974年から始まった『ショーガール』は16作品、公演数547回、観客動員数は60万人を超す大ヒットとなる。 1960年代から現在までミニスカートを着用している。ちなみに1967年には「ミニ・ミニ・ロック」という曲をヒットさせた。 芸能界有数のディズニーグッズマニアであり、楽屋や部屋はディズニーグッズで埋め尽くされている。2002年に『笑っていいとも!』のコーナー「テレフォンショッキング」に出演した際、花束と一緒に1つミッキーのぬいぐるみがおかれていたが、その時「あ~!かわいい~!!」と大興奮し、司会のタモリを驚かせたことがある。 出演 舞台「天保12年のシェイクスピア」井上ひさし 作 出口典雄 演出 「ショーガール (ミュージカル)」福田陽一郎 作・演出 「雨」井上ひさし作 木村光一 演出 「朝食までいたら?」福田陽一郎 演出 「イカれた主婦」オフ・ブロードウェイミュージカル 加藤直 演出 「阿国 OKUNI (ミュージカル)」鈴木聡 作 栗山民也 演出 「ステッピング・アウト」ロンドン・ミュージカル 栗山民也 演出 「ロス・タラントス」鈴木聡・斎藤克己...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「渥美清 木の実ナナ マドンナ 男はつらいよ 松竹歌劇団」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得




延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿