男はつらいよでキーワード「 太地喜和子 たいちきわこ 寅次郎 男はつらいよ マドンナ 」が指定されているページ

太地喜和子(たいちきわこ) 第17作 寅次郎夕焼け小焼け

和服の似合う色っぽい女性ですが、どこかイタリア的というか、南米的というか、肉感的なところがあって、日本女性の典型っぽく無いところが好きでした。 酒豪でしたしね。 豪快な雰囲気を漂わせていました。 事故死での他界は本当に惜しい・・・・ シリーズでは、男に200万円をだまし取られる純な芸者として登場しました。無邪気で可愛らしい女性を演じてます。 ラストシーンで青観(日本画の大家)から送られた200万円の価値もあろうかという絵を「絶対に売らないの」と大喜びする姿がいいですねぇ。   以下 wikipedia より抜粋 太地 喜和子(たいち きわこ) 1943年12月2日 - 1992年10月13日  和歌山県出身 東京の松蔭高校生の時、東映ニューフェイスオーディションに合格。当初は志村 妙子(しむら たえこ)という芸名で映画に端役で出演していた。その後俳優座養成所をへて文学座入団。1967年、日活映画の『花を喰う蟲』に主演、物怖じせずヌードやベッドシーンを大胆にこなし、一躍注目される。 舞台女優として『欲望という名の電車』、『近松心中物語』、『唐人お吉』などで活躍。文学座の大女優・杉村春子の後継者としての期待が高まり、実力派として君臨したが、1992年10月13日、『唐人お吉』公演中に海に車が転落する事故により48歳でこの世を去った(同乗者の外山誠二と大滝寛は泳いで九死に一生を得たものの、太地は元来泳げなかった上、乗車前に深酒をしていたことがたたったといわれる)。 死後、大親友のカルーセル麻紀が自身の舞台上で「喜和子~!!」と叫び号泣した。 文学座座員だった秋野太作と結婚するも、スピード離婚。その後は三國連太郎、中村勘三郎、尾上菊五郎などとのロマンスが取り沙汰されたこともあったが、「女優は夢を売る職業だから見ている人にこの人は帰ったら所帯があると思わせてはいけない」と言う考えがあったらしく、結局他界まで独身を通した。また当時の演劇界・芸能界の女性としては池波志乃らと共に大変な酒豪で鳴らした。 コメディアン・志村けんの大ファンで、その縁で『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』に出演したほか、『志村けんのだいじょうぶだぁ』ではコントにも挑戦。柄本明と共に常連ゲストとなり、亡くなった際には追悼企画が放送されるほどだった。 映画二人だけの太陽(1961年、東映 / 監督:村山新治) - 今井節子 東京新撰組(1961年、ニュー東映 / 監督:飯塚増一) - 鈴子 皮ジャン・ブルース(1961年、ニュー東映 / 監督:飯塚増一) - 礼子 悪魔の手毬歌(1961年、東映 / 監督:渡辺邦男) - 仁礼里子 民謡の旅・桜島...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「太地喜和子 たいちきわこ 寅次郎 男はつらいよ マドンナ」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得




延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿