男はつらいよでキーワード「 京マチ子 きょうまちこ 寅次郎 男はつらいよ マドンナ 羅生門 」が指定されているページ

京マチ子(きょう まちこ) 第18作  寅次郎純情詩集

日本の大女優が演じた本当に悲しい一作でした。 世間知らずのお嬢さんのまま歳をとってしまい、無邪気に寅さんを想い、そして他界してしまうんですから・・・・。  自分にとっての京マチ子の印象は、黒澤明の名作「羅生門」で見せた激しい女の性。(それが真実の姿なのかは正に「藪の中」なのですが) 26歳の女優が演じた異常な状況に置かれた女性の姿は鬼気迫るものがありました。  寅次郎純情詩集で見せた浮世離れした年配のお嬢さん役はホントにはまってました。 そして、繰り返しますが、もの悲しい名作にしてくれました。 興味深い映像もありました。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   京 マチ子 (本名:矢野元子(やの・もとこ)1924年3月25日 - 大阪府大阪市出身。血液型O型) 大阪松竹歌劇団(OSK、娘役)を経て、1949年、大映に入社し女優デビュー。後輩の若尾文子、山本富士子と共に大映の看板女優として大活躍。「羅生門」(1950年)、「地獄門」(1953年)など、海外の映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」と呼ばれる。1971年の大映倒産以降はテレビドラマと舞台に活動の場を移す。80歳を過ぎた現在も舞台で主演を続けている。 受賞・受章歴1950年:第5回毎日映画コンクール・主演女優賞 『羅生門』、『偽れる盛装』 1957年:第14回Jussi賞(フィンランド)・主演女優賞 『地獄門』 1964年:第38回キネマ旬報賞・主演女優賞 『甘い汗』 1964年:第19回毎日映画コンクール・主演女優賞 『甘い汗』 1987年:紫綬褒章 1994年:勲四等宝冠章 1995年:第5回日本映画批評家大賞・ゴールデン・グローリー賞 1995年:第18回日本アカデミー賞・会長特別賞 ノミネート 1957年:アメリカ 第14回ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート 『八月十五夜の茶屋』 出演作品 映画団十郎三代(1944年、松竹) 天狗倒し(1944年、松竹井上金太郎監督)[1] 最後に笑う男(1949年、大映) 花くらべ狸御殿(1949年、大映) 地下街の弾痕(1949年、大映) 三つの真珠(1949年、大映) 痴人の愛(1949年、大映) 蛇姫道中(1949年、大映) 続・蛇姫道中(1950年、大映) 遙かなり母の国(1950年、大映) 浅草の肌(1950年、大映) 美貌の海(1950年、大映) 復活(1950年、大映) 羅生門(ヴェネチア国際映画祭グランプリ(サン・マルコ金獅子賞)、イタリア批評家賞受賞作品。アカデミー賞名誉賞(最優秀外国語映画)受賞作品/監督:黒澤明/1950年、大映) 火の鳥(1950年、大映)...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「京マチ子 きょうまちこ 寅次郎 男はつらいよ マドンナ 羅生門」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得




延滞料なし!忙しい人のためのオンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ国内旅行【JTB スタッフけんさくん】

京都おこしやす.com

クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

温泉遺産の宿